ワイモバイルとWiMAXを比較してみた。やっぱりWiMAXが有利かな?

どちらも使ったことがあるのですが、今は月額料金の点からワイモバイルを使っています。ふと思うことがあってワイモバイルとWiMAX(ワイマックス)を比較してみました。6月あたりに何やらUQWiMAXはデータ通信量の件でユーザーと揉めていたようなのですが、これはワイモバイルも一緒です。

なお、今回の比較にあたりワイモバイルはワイモバイル公式を参考にさせていただきました。またUQWiMAXは゛はじめてWiMAX”さんのWiMAX 比較の記事がプロバイダーごとのサービスをまとめているためおすすめです。特にキャンペーン情報は参考にさせていただきました。どちらのサイトも役立つ情報があり一読の価値ありですね。

ワイモバイルの良いところ

ワイモバイルの良いところはやはり月額料金が安いところです。Pocket WiFiであれば3,696円から利用できて、キャンペーンの適用でキャッシュバックがあります。またルーターがイケてるところもいいですよね。データ通信の速度的にも110Mbpsから187.5Mbpsまで出るのが良いです。特に昇りの通信速度が37.5Mbpsというのは評価したいですね。

ワイモバイルのダメなところ

ずばり、3日間で1GBまでというデータ通信量に制限があるところです。またネットワークの切り替えが自動で行われるというのも機械が得意な方にはいまいちなところかもしれません。たとえデータ通信の速度を落としたとしてもより安定した通信を求めるという方もいると思います。以前もありましたよね?LTEではなく3Gでインターネットをする方法が。

WiMAX(ワイマックス)の良いところ

WiMAXの良いところは、ワイモバイルに比べてデータ通信の速度が速いという部分です。ワイモバイルの187.5Mbpsに対し、WiMAXは220Mbpsまで速度が向上しています。また月間データ量には制限はなく、3日間のデータ通信量は3GBとなっているのも評価したいところです。特にノーリミットモードを利用すれば昔も今も変わらず3日間の制限もなくなるというのも良いですね。

WiMAXのダメなところ

周波数の帯域が2GHz以上の高周波数帯域のみという点です。高周波数帯域ではより高速なデータ通信が可能なのですが屋内に弱いという欠点があります。むちゃくちゃ弱いというわけではないと思いますが。またモバイルルーターの選択肢が少ないというのも欠点の一つです。現行機種は2つしかないじゃないか!5つぐらいは欲しいですね。

結論

比較してみてわかったことは、料金重視ならワイモバイルの方がWiMAXを上回るという点です。たとえば、キャンペーンを上手く適用すれば月額料金として実質2,500円程度で利用できるためですね。しかし、ワイモバイルを選ぶ上でネックになるのは制限ですね。1GBで通信速度に制限がかかってしまうのは何ともいえません。その点、UQWiMAXは3GBまで速度制限がなくかつ制限がかかっても一定の速度が確保されるというのはメリットが大きいと言えます。

この比較の構図ですが、ワイモバイルの以前のemobileの頃と何も変わっていないような気がします。emobileも料金はUQWiMAXよりも若干安かったのですが、携帯大手と同様に7GBの制限がありました。ワイモバイルに変わっても企業体質は引き継がれているということなのかもしれません。UQWiMAXに3GBの制限がかかってしまったのは非常に残念ですが、それでもまだ気楽に使えそうです。個人的にはスポーツの記録時にインターネットを使うことを主目的としていますので問題いといえるでしょう。