WiMAXやポケットWiFiなどモバイルルーターの今後

この季節はネット回線を新しくする方も多く、光回線、モバイル回線を問わず需要が高まる季節です。最近では、格安SIMも広く知られるようになり、どの接続方法でインターネットに接続するか? 悩む方も多いようです。

とくに昨年5月にSIMフリーが義務化されてからというもの、SIMフリーのモバイルルーターも増えて来ました、最近では、SIMカードを2本挿し切り替えて使うことができるデュアルSIM対応のモバイルルーターなども増えつつあります。

では、WiMAXやポケットWi-Fiの需要はもう無いのでしょうか? いえいえ、格安SIMを使ったネット接続も多くの課題を抱えており、ほどよい感じで棲み分けができているというのが現状です。

格安SIMを使ったネット接続の課題

格安SIMを使ったネット接続は、その名のとおり格安SIMカードを使います。格安SIMにはいくつかの種類があり、データ通信専用のSIM、音声通話も可能なもの、あるいはSMSのみ付いているSIMカードがあります。

いずれのタイプにも共通しているのは、「安い」ということです。ただ、「安い」というのはそれだけ機能が絞られているということも忘れてはいけません。たとえば、国内における格安SIMのネットワークはdocomo系とau系の2系統に分類されることがほとんどです。プロバイダーはどちらかのネットワークの帯域を借りているわけです。その結果、帯域が細ければ、それだけ通信の速度が低下するという問題があります。

データ量の単価は高め

格安SIMは必要なスピードやデータ量を自分で判断して利用することが前提です。また、「安い」ということに主眼がおかれているので、「月間1G~2Gのデータ量を格安で提供しよう」という流れがあります。逆に、7GB以上利用しようとすると割高になる可能性もあります。もともと、docomoやauのネットワークを利用しているのですから、7GB制限があるのは納得できるでしょう。

SIMフリーのルーターの入手先が少ない

また先ほども書きましたが、SIMフリーのルーターの入手方法が限られています。WiMAXやポケットWi-Fiであれば、通常はルーター代は無料あるいは限りなく安く入手することも可能ですが、SIMフリーのルーターはそのようなキャンペーンがありませんので初期費用は高めです。その結果、コストが高くなることもありますね。

端末とデータ通信を分けるという考え方

一方で、WiMAXもポケットWi-Fiも、格安SIMを意識して月額料金が安くなって来ている傾向があります。ちょっと前は、月額4,880円がデフォルトであり、割引が効いても4,380円でした。最近では、3,980円というプロバイダーもちらほら見られるようになり、そこからキャッシュバックの金額を引くと実質3,000円以下で利用することも可能です。

このメリットを生かし、思い切って格安SIMが担うはずの、通話、データ通信、コンピュータの役割のうち、データ通信をモバイルルーターに振り分けてしまうのです。そうすれば、格安SIMが苦手とする、データ通信の速度、エリア、量に悩むこともなくなります。格安SIMを使った通信はあくまで、補助的に使うため、最小プランでも十分でしょう。それでも合わせて5,000円もかかりません。

 

 

ワイモバイルとWiMAXを比較してみた。やっぱりWiMAXが有利かな?

どちらも使ったことがあるのですが、今は月額料金の点からワイモバイルを使っています。ふと思うことがあってワイモバイルとWiMAX(ワイマックス)を比較してみました。6月あたりに何やらUQWiMAXはデータ通信量の件でユーザーと揉めていたようなのですが、これはワイモバイルも一緒です。

なお、今回の比較にあたりワイモバイルはワイモバイル公式を参考にさせていただきました。またUQWiMAXは゛はじめてWiMAX”さんのWiMAX 比較の記事がプロバイダーごとのサービスをまとめているためおすすめです。特にキャンペーン情報は参考にさせていただきました。どちらのサイトも役立つ情報があり一読の価値ありですね。

ワイモバイルの良いところ

ワイモバイルの良いところはやはり月額料金が安いところです。Pocket WiFiであれば3,696円から利用できて、キャンペーンの適用でキャッシュバックがあります。またルーターがイケてるところもいいですよね。データ通信の速度的にも110Mbpsから187.5Mbpsまで出るのが良いです。特に昇りの通信速度が37.5Mbpsというのは評価したいですね。

ワイモバイルのダメなところ

ずばり、3日間で1GBまでというデータ通信量に制限があるところです。またネットワークの切り替えが自動で行われるというのも機械が得意な方にはいまいちなところかもしれません。たとえデータ通信の速度を落としたとしてもより安定した通信を求めるという方もいると思います。以前もありましたよね?LTEではなく3Gでインターネットをする方法が。

WiMAX(ワイマックス)の良いところ

WiMAXの良いところは、ワイモバイルに比べてデータ通信の速度が速いという部分です。ワイモバイルの187.5Mbpsに対し、WiMAXは220Mbpsまで速度が向上しています。また月間データ量には制限はなく、3日間のデータ通信量は3GBとなっているのも評価したいところです。特にノーリミットモードを利用すれば昔も今も変わらず3日間の制限もなくなるというのも良いですね。

WiMAXのダメなところ

周波数の帯域が2GHz以上の高周波数帯域のみという点です。高周波数帯域ではより高速なデータ通信が可能なのですが屋内に弱いという欠点があります。むちゃくちゃ弱いというわけではないと思いますが。またモバイルルーターの選択肢が少ないというのも欠点の一つです。現行機種は2つしかないじゃないか!5つぐらいは欲しいですね。

結論

比較してみてわかったことは、料金重視ならワイモバイルの方がWiMAXを上回るという点です。たとえば、キャンペーンを上手く適用すれば月額料金として実質2,500円程度で利用できるためですね。しかし、ワイモバイルを選ぶ上でネックになるのは制限ですね。1GBで通信速度に制限がかかってしまうのは何ともいえません。その点、UQWiMAXは3GBまで速度制限がなくかつ制限がかかっても一定の速度が確保されるというのはメリットが大きいと言えます。

この比較の構図ですが、ワイモバイルの以前のemobileの頃と何も変わっていないような気がします。emobileも料金はUQWiMAXよりも若干安かったのですが、携帯大手と同様に7GBの制限がありました。ワイモバイルに変わっても企業体質は引き継がれているということなのかもしれません。UQWiMAXに3GBの制限がかかってしまったのは非常に残念ですが、それでもまだ気楽に使えそうです。個人的にはスポーツの記録時にインターネットを使うことを主目的としていますので問題いといえるでしょう。

従来のモバイルWiFi環境との比較する。SIMロックされた端末ではテザリング出来ない。

SIMロック解除が義務化されたため、SIMカードを個別に契約し、モバイルルーターを別に入手するという方法が選択肢の一つとなりました。これまでモバイルルーターを入手しようとするとワイモバイルやWiMAXのプロバイダーと契約する必要があったのでユーザーとしては選択肢が広がっています。

このため、一部のユーザーの間ではモバイルルーターはオワコン(つまり、終わったコンテンツ)であるという認識が広がっています。しかし、それは本当でしょうか?SIMロック解除されていない端末では、テザリングを行うことができないのをご存じでしょうか?

そもそもテザリングとは?

テザリングとはWAN側を端末(ここではスマートフォンやタブレットを意味します)とSIMカードで通信し、LAN側をWiFiで繋ぐ技術のことです。どちらかと言えば、無線LANという言葉の方が馴染みがあるでしょう。このテザリングのおかげでモバイルルーターを持たずともスマートフォン一台で様々な機種を接続することができるのですね。

たとえば、スマートフォンでとった写真をネットワークプリンターで出力するなんてことも可能です。通信規格としては代表的なIEEE802.11g/11n や暗号化されたWPA2が存在しています。ゲーム機などを接続したことがある方はWPSなどの存在もご存じでしょう。

格安SIMカードのテザリングの問題

格安SIMカードが台頭してきたことで、テザリングを利用したいと考えるかたも増えて来ました。今や、LTEでも下り最大225Mbpsがありますし、格安SIMであってもベストエフォートで150Mbps程度の速度がでるSIMカードがあります。

しかし、docomoやauなどのスマートフォンでは格安SIMカードでテザリングを行うことができません。(もちろん、特殊な方法で行うことはできるのですが、当記事の論点ではありませんのでまた別の機会に説明します。)そのため、格安SIMカードでテザリングを行いたい場合は、あらかじめSIMフリーの端末を用意する必要があるのですが、対応しているSIMカードの形状によっては利用することができまん。

この事実。意外にも知らない人が多いのです。テザリングでPCやゲーム機などをインターネットに繋ぎたいと思っているユーザーにとって結構なデメリットであるため大きく案内されていないという背景もあります。FAQなどをよく見ると小さいく書いてあるんですけれどね。

ワイモバイルやUQWiMAXはコスパが良い

格安SIMカードでのテザリングを認めていない背景には、docomoやauが優位性を保ちたいという意向もあるのかもしれません。しかし、そのおかげでワイモバイルやUQWiMAXのコストパフォーマンスが携帯大手を上回ります。どうしても携帯大手でテザリングを利用しようすると7GBの制限がかかりますし、費用も高くつきます。

一方で、ワイモバイルやUQWiMAXであれば月々4000円ほどでかなりのデータ通信が行えますのでずっとお得なんですね。かくいう著者もワイモバイルを契約しており、仕事でもランニングするときでもモバイルルーターをもっています。そしてipod nanoをwifiで接続しnike+で記録を転送しています。

 

iPod touchとiPod nanoの違い。両者を使ってみた視点から。

今や、Apple社の製品と言えば最初に出てくるのはiPhoneやiPadでしょう。でもちょっと待って欲しいのです。初代のiPodを知る世代ではApple社の製品と言えばやっぱりiPod touchだったり、iPod mini、そしてiPod nanoではないでしょうか?あまり語られるのことのないiPod touchとiPod nanoの違いを両社を使ってみた視点から比較してみまました。

iPod touchがiPod nanoよりも優れている点

WiFiが利用できること

やはりこれが最も大きいと思います。WiFiが利用できるということは、ネットワークの中ではiPhoneと同様の使い方が可能になるということです。たとえばAppleストアからユーティリティやゲームのアプリをダウンロードしたり、通話アプリを使って通話をすることも可能になります。Skypeあたりは通話アプリの代表的存在ですよね。

また現在のiPod touchではiOS8が搭載されているため、iPadと同様の使い方が可能です。つまり、ブラウザーを使ったネットサーフィンはもちろんのことFacebookやmixiといったSNSに参加することも可能です。

特におすすめの使い方はお使いのパソコンとの「同期処理」ですね。ケーブルが不要ですので面倒な設定はいりません。

iPod nanoが優れている点

一方で、iPod nanoが優れている点というのもあります。もっとも優れている点というのは「軽量であること」です。現在もっとも新しいnanoでは31グラムしかありません。私が持つモデルでも40グラムほどです。これの意味するところは、nanoはスポーツ向けであるということです。

実際、nike+などのフィットネスアプリが予め搭載されておりスポーツをした後の記録をiTuneで管理することが可能です。電池の持ちも比較的良いので、フルマラソン程度であれば使用し続けることが可能でしょう。

最後に

iPod touchとiPod nanoの違いを両者を使ってみた視点から比較してみました。そもそも製品が目的とするシチュエーションが違うのだということをお分かりいただけたと思います。

WiMAXが13.3MbpsになるとWiMAX2+と比べてどうなる?

UQWiMAXは9月末までにWiMAXの下り速度を13.3Mbpsにすると発表しています。その一方でWiMAX2+ではキャリアアグリゲーションが完了し下り速度220Mbpsになります。ここでは改めて、WiMAXが13.3Mpsになるとどうなるのか?またWiMAX2+はWiMAXと比べてどうなのかということをおさらいしてみましょう。

WiMAXのこれまでとこれから

これまでWiMAXでは月間データ量無制限かつ下り40Mbpsの通信が可能なノーリミットモードが存在することが最大の売りでした。そのメリットはITに強い人たちの間でじわじわと拡散され、ブランド力で勝っていたイーモバイル(現在のワイモバイル)と互角の争いを繰り広げていました。

結果的に、より広範囲なエリアを求めるユーザーはイーモバイルをデータ量を求めるユーザーはWiMAXを選択していたと思います。特にモバイルデータ通信における「無制限」は当時、私たちユーザーに衝撃を与えました。

4G規格のWiMAX2+の登場

現在は時代の経過とともに、4G規格が商用化されるようになりつつあります。たとえばNTT docomoのPremium 4Gです。そしてUQWiMAXの「WiMAX2+」です。このWiMAX2+ですが、2種類の技術的アプローチで成り立っています。

一つは、4×4MIMOと呼ばれる新規格です。もう一つはここ数年でよく聞くようになったキャリアアグリゲーションですね。このキャリアアグリゲーションはWiMAXの回線を使用します。つまり、WiMAXに割り当てられていた帯域をWiMAX2+で束ねて利用することになるのです。このキャリアアグリゲーションのために、WiMAXは下り速度が13.3Mbpsにまで低速化せざるおえない状況なのです。

キャリアアグリゲーション後のWiMAXとWiMAX2+の比較

WiMAX2+はWiMAXよりも本当に良いものか?という疑問もあるでしょう。実はそうでもないのですね。WiMAX2+は速度こそWiMAXの5倍ほどありますが、そのぶん転送量に制限がかかります。いわゆる3日で3GB制限と呼ばれるものですね。ただし、3日で3GBを超えてしまっても現在のWiMAX2+では実測値で6Mbpsまで速度がでます。

WiMAXが13.3Mbpsとなると実測値ではおそらく5Mbps程度でしょう。